認定医

デンタルインプラントとは

インプラント(implant)とは、体内に埋め込む機器や材料の総称で、それらを使用したインプラント手術は、医療目的や美容目的などで広く行われています。
よく知られているインプラントには「心臓のペースメーカーや心臓弁」「骨折した骨と骨を固定して骨接合材料として体内に埋め込むスクリュー・プレート・髄内釘」「美容成形を目的にした体内に埋め込むシリコン」「視力矯正のためのコンタクトレンズや黄斑変性者の視力回復のための文字通り目にはめ込む望遠レンズ」「聴覚障害者の聴覚を補助する人工内耳」そして「人工歯根」など、これらはそれぞれの分野でインプラントと呼ばれています。
しかし、「インプラント」とだけ表現される場合は、「人工歯根」のことを指して使用されるのが一般的なようです。

無くなってしまった歯に代わって顎骨に埋入する人工歯根のことを、英語でdental-implantと表現します。
このことから、デンタルインプラントとは、虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった部位にチタンなどの人工の歯根を埋め込むことをいいます。
日本国内においては、「人工歯根」とか「デンタルインプラント」と表現するよりも、単に「インプラント」と呼ばれていますし、「口腔インプラント」や「歯科インプラント」と呼ばれたり表現されたりする場合もあるようです。


このページの先頭へ