認定医

インプラント・入れ歯・差し歯・ブリッジの比較

虫歯の治療はその進み具合によって詰める・嵌め込む・被せるといった治療が行われますが、歯を失った場合には、「インプラント・入れ歯・差し歯・ブリッジ」の4つの方法のいずれかを、治療医と相談の上で選択します。
ここでは、それぞれの特徴をみておきましょう。

インプラントは、歯を失ってしまったところに外科手術で顎の骨に人工歯根を埋め込みます。
インプラントと顎の骨が固着するのを待って歯根の上に歯を取り付けます。
治療後後のホームケアが重要ですが、失う前の歯に近い噛み心地と強さを取り戻せます。

入れ歯は、バネで支えたり金具を健康な歯に引っ掛けたりして、失った部分に入れた歯を固定します。
健康な歯を支柱にしたり削ったりする必要はありませんし取り外しができるので、手入れが簡単です。
しかし、構造的に外れやすく違和感があり、咬む力もブリッジよりも弱くなります。

差し歯は、文字通り釘のようなピンを、残っている歯根部分に差し込んでセットする歯です。
神経を取り除いた歯根に芯になる金属あるいはプラスチックの土台で補強し、その上に人工の歯(クラウン)を被せるという治療になります。

ブリッジは、失った部分の両隣の健康な歯を支柱に、歯のない部分に橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療です。
人口の歯にはプラスチックやセラミックなどが使用されることから、入れ歯に比べれば咬む力も回復します。

このページの先頭へ