認定医

インプラント治療の期間

インプラント治療に必要な期間は、治療のステップごとに必要とされる治療期間の合計です。
具体的には、次のとおりです。
ただし、個人差が発生しますし治療医の判断で長短があります。

「初診と治療計画の確認」「初期治療」「1次手術」までは、1~2回の通院で済みますが、1次手術で人工歯根を歯茎の中に埋め込んだ後、骨とインプラントがしっかり結合する時間である「定着期間」が必要になります。
この期間は、
下顎で3カ月以上かかり上顎で6カ月以上かかるのが一般的です。

定着期間に続いて「2次手術」を行ってインプラントに連結部分を装着します。
この2次手術から約1~6週間後に「人工歯の型取り」「人工歯を装着」して治療が完了します。
こうしたことからインプラントの治療は、2回手術システムの場合は最低でも6カ月から12カ月といわれます(1回手術システムの場合は最低でも3カ月から6カ月といわれます)。
虫歯治療に比べて「長い」と感じるかもしれませんが、インプラントは外科手術なのですから抜歯や虫歯治療などよりも治療期間が長くなることを、事前に知っておく必要があります。
なお、最近では「抜歯即時インプラント」や「即日負荷インプラント」といった短期間で治療を行えるシステムも増えていますので、主治医に相談してみてください。


このページの先頭へ