認定医

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れは「初診と治療計画の確認」から始まります。
最初にレントゲンや歯科用CTなどを使って口腔内全体の細かい審査をし、患者のニーズに合わせて術式・治療期間などの治療計画を立てます。
その後、「初期治療」を行います。
インプラントは歯周病菌に弱いことから、手術を行う前に口腔内の歯石を除去し衛生的な環境の整備を行うのです。

初期治療に続いて、「一次手術」です。
治療においては、一般的には手術を2回に分けて行います。
一次手術ではアゴの骨を削り、歯の土台になるチタン製インプラントを顎骨の中に埋め込みます。
インプラント埋入した後は、「定着期間」と呼ぶインプラントと骨の安定化の期間が必要です。
一般的には顎で3カ月以上、上顎で6カ月以上かかると言われています。

埋め込んだインプラントと顎の骨が結合したら、インプラントにアバットメントと呼ばれる連結部分を装着する「二次手術」です。
人工歯の装着歯茎が治った時点でシリコン系の材料で「人工歯の型取り」を行い、インプラントの上部になる人工歯を作ります。
二次手術から約1~6週間後に「人工歯を装着」させて、インプラント治療は完了するのです。
なお、高価なインプラントを長年にわたって使い続けるためには日常的なケアとともに、治療後も定期的に検査してトラブルが起きないようメンテナンスを行います。

このページの先頭へ