認定医

インプラントによるさまざまな治療

インプラントの治療法は失った歯の場所数・骨の状況など、患者の条件によって専門的な治療方法があるようです。
上顎の歯を失って時間が経過している場合には「サイナスリフト」、インプラント埋入部分の傷口が小さくてすむ「ソケットリフト」、さらに「抜歯即時インプラント」といった治療法などです。

これらはあまりにも専門的ですので、ここでは、抜歯したり欠損したりしている歯の本数でどのようなインプラント治療が行われているかを具体的に紹介しておきます。
まず、歯を1本失った場合です。
従来は、両隣の健康な歯を支柱にして欠けた部分を補うブリッジで治療していましたが、インプラント治療では健全な歯を削ったり支えにしたりすることなく失った部分に人工歯根を1本埋め込みます。

次に歯を複数本失った場合です。
失った部分へ1本1本埋め込むのではなく、歯が連結した義歯をインプラントで固定します。
これまでは、両隣の歯を削り固定したり歯の裏側に金具を使用したりして固定していましたが、インプラントでは、健康な歯に負担をかけることも金具の違和感もなに治療ができます。

最後に、歯を全て失った場合です。
従来の総入れ歯は手入れに面倒臭さがあるうえガタつきや発音障害などがありましたが、インプラントでは義歯が顎骨へ固定されることでガタつき・発音障害・手入れの面倒臭さなどはなく、自然の歯に近い噛み心地と強さを取り戻せます。


このページの先頭へ