認定医

インプラントの専門医と認定医

インプラントの専門医も認定医も、高い学識と経験を認められた場合にそれぞれの「インプラント学会」から認証されるもので、当該医師が属する学会からの推薦状といえます。
各学会では認定制度を運用しており、認定基準をクリアした医師を「認定医」と呼んでいるのです。
しかし、「専門医」は日本口腔インプラント学会の認定医が特定の基準をクリアした医師に付与される名称で、この学会の会員に限られているようです。

なお、専門医も認定医も厚生労働省によって認承されるものではなく当該学会が独自に認定するものですから、学会認定医・学会専門医というべき呼称です。
また、公開されている学会の認定規則などをみると、学会歴・論文発表・治療術後の経過症例人数・試験などが基準になっており、専門医・認定医に対しそれぞれの学会が高い学識や経験を求めているのがわかります。

なお、「学会」については、いくつの・いかなる学会が存在しているのかといったことは明らかではありません。
日本には日本口腔インプラント学会と顔面インプラント学会の2つだけと言った記事があるものの、ネット上では近未来オステオインプラント学会(2008年に設立された非営利のインプラント学会)や日本臨床歯周病学会などの学会も見受けられます。


このページの先頭へ