認定医

インプラントとは

インプラント(implant)とは、欠損したり外傷を受けたりして機能を喪失した場合、その機能を回復するために体内に埋め込む人工的に作製した器具や材料のことです。
または、それらの器具や材料を埋め込むことそのものを指します。
インプラントは、よく知られているものとしてはペースメーカー、心臓弁、骨接合材料、人工内耳など医療目的で広く行われえいますし、使用者の多いコンタクトレンズもインプラントの一つです。
また、美容整形の分野では、特に豊胸目的で乳房に埋め込むシリコンインプラントのようなファッション目的で行われています。

一般的には、歯科領域で行われている「デンタルインプラント」のことをインプラントと表現する場合が多いようです。
インプラントとは虫歯や歯周病、また外傷などで歯を失ってしまった部位にチタンなどの人工の歯根を埋め込み、しっかりと顎の骨に固定・結合した上部に人工の歯を装着します。
そのことで、違和感がないうえに失った部分に歯が再びほとんど自分の歯と同じ感覚にまでよみがえり、咀嚼機能を従前の状態にまで回復させる治療法です。
これまでは歯を失った場合にはブリッジや入れ歯で治療していましたが、咬むときの痛みや歯のグラつきなど問題が多かったのですが、それらの問題を解決したのがインプラントなのです。


このページの先頭へ